光と水と

 今朝はよく晴れていた。そのためか、運河の橋下を舞台に水と光が戯れていた。水は時に光を撥ね返し、時に光りを受け収め、それが色模様となっている。

 そう云えば、昔は油が水に浮き、そこに光りが当たって七色を生み出していたが、今は運河でも油は浮いておらず、彩は乏しい。

f:id:huukyou:20170903133325j:plain

f:id:huukyou:20170903133347j:plain

f:id:huukyou:20170903133409j:plain