隅田川河口

  自然物の境界は曖昧である。どこまでが隅田川で、どこからが東京湾かと問われても、それは人が勝手に決めたもので大した意味はない、というのがあらかたの答えである。実際、隅田川とその周辺に手を加えてきた江戸の歴史を振り返れば、河口も時代と共に変わってきた。

 現在の河口付近となれば、勝鬨橋から先で、右岸には対岸からも老朽化が目立つ築地の中央卸売市場、さらには浜離宮が見える。左岸は散歩を楽しめるテラスが続くが、新月島川の合流地点に浜前水門があり、その手前で終わっている。そこから見上げると最下流に架けられた「築地大橋」が見える。環状2号線が市場の移転延期で完成せず、残念ながら築地大橋はまだ渡れない。

f:id:huukyou:20170912054609j:plain

下流から見た勝鬨橋

f:id:huukyou:20170912054708j:plain

築地市場、手前は松本零士デザインの水上バス「ヒミコ」)

f:id:huukyou:20170912054818j:plain

浜離宮、汐留)

f:id:huukyou:20170912054850j:plain

(築地大橋)