隅田川下流河畔

 隅田川は鐘ヶ淵より下流の名前で、上流は荒川。「宮戸川」は隅田川の旧名、浅草近辺では「浅草川」、そして大川とも呼ばれてきた。だから、隅田川の下流の河畔(特に右岸)は大川端で、広重の名所江戸百景の「浅草川大川端宮戸川」はいずれも隅田川の名前である。
 手前と右端の一行は大山参りの講団。大山は霊山で江戸近郊の旅として人気を博した。画面では下が切れているが、手前の一行は両国橋を渡っている。左淵の七夕の短冊のようなものは梵天で、講の象徴。大山詣の出発前、水に浸かって身を清め、対岸まで渡るという水垢離(みずごり)が柳橋で行なわれていた。この絵はその儀式後、両国橋を渡って戻ってくる一行を描いている。だが、背景は大山でなく筑波山

f:id:huukyou:20170919062533j:plain

 そんな隅田川の河畔も今ではすっかり変貌を遂げ、再開発が進んで、住宅地と観光スポットが混在する街になっている。水質はよくなり、河畔は隅田川テラスとして散歩やジョギングをする人が多い。

f:id:huukyou:20170919062626j:plain

大川端リバーシティ21、佃のIHIの跡地)

f:id:huukyou:20170919062650j:plain

(左岸の月島)

f:id:huukyou:20170919062709j:plain

(勝鬨ト勝鬨橋

f:id:huukyou:20170919062735j:plain

(隅田川テラス)