人の都合

 荒川と隅田川という名称は人の都合で変えられた。隅田川はもともと荒川の下流だったが、「荒川放水路」の完成によって隅田川と名前が変わった。荒川放水路(現在の荒川)と隅田川の分岐点は、北区の岩淵付近。荒川放水路を荒川、本来の荒川下流部が隅田川となったのは、1965年の河川法改正以来のこと。それまでは現在の千住大橋付近までが荒川、それより下流域が隅田川と区別されていた。隅田川は「澄んだ川」を意味し、千住付近では千住川、浅草付近では浅草川、それより下流が大川と呼ばれ、江戸の住人に親しまれた。
 画像は現在の隅田川、荒川の河口部。隅田川左岸から築地、築地大橋、浜離宮、竹芝が見える。荒川右岸から荒川河口橋(長さは840m)、葛西臨海公園、ディズニーリゾートが見える。二つの川の大きさの違いは画像からも一目瞭然。

f:id:huukyou:20170923061618j:plain

f:id:huukyou:20170923061637j:plain

f:id:huukyou:20170923061653j:plain

f:id:huukyou:20170923061711j:plain

f:id:huukyou:20170923061729j:plain

f:id:huukyou:20170923061749j:plain