金木犀

 秋の今、歩いていると急に馥郁たる香りが漂ってくる。おやっと思えば、歩道に金木犀が植えられている。その独特の香りで、金木犀は秋を感じさせてくれる。

 芳香剤のようだと嫌う人もいるが、私もその一人。一日の内で5,6分ならOKだが、それ以上なら御免こうむりたい。そんな私の意に反して、この頃の街には結構な数の金木犀が植えられていて、今が花盛り。昔はもっと少なかった筈だが、あちこちであの香りを放っている。

 金木犀は銀木犀と同じモクセイ科の植物。中国では金木犀を丹桂、銀木犀を桂花と言うらしい。金木犀が咲き誇り、その香りと共に秋は深まっていく。

f:id:huukyou:20171014050919j:plain

f:id:huukyou:20171014050936j:plain