赤いバラ

 薔薇戦争百年戦争後のイギリスで1455年から30年間続いた内乱。王位継承をめぐって、ランカスター家とヨーク家が争ったが、紅薔薇白薔薇をそれぞれの家紋にしていたため、「薔薇戦争」と呼ばれている。結局、ランカスター家の一族のテューダー家のヘンリーが、ヨーク家のリチャード3世を倒し、テューダー朝を開き、ヨーク家のエリザベスと結婚することで終結した。
 イギリス(UK)の国花は赤いバラだが、元はテューダー朝の紋章で紅白のバラを統合した架空の花。イングランドはテューダーローズ、スコットランドはアザミ、ウェールズはラッパスイセンがそれぞれ国花。

f:id:huukyou:20171019062223j:plain

f:id:huukyou:20171019062252p:plain

(ヨーク家の白薔薇の紋章、ランカスター家の赤薔薇の紋章)

f:id:huukyou:20171019062310p:plain

(テューダ―家の紋章、テューダ―ローズ)