マルメロとカリン

 いずれの名前もエキゾティックな響きを持つが、二つを識別できるかと問われると、困ってしまう。そこで、模範解答を探すと次のようになるのだろう。
 マルメロの花は、やや紅を差すが、ほとんど白色。カリンの花は濃紅色。マルメロの果実は洋梨形、カリンの実はずん胴で、枕形。マルメロには、白毛がびっしりついているが、カリンの果実は無毛。カリンの葉には明瞭な鋸歯があるが、マルメロの葉にはない。カリンの原産地は中国北部だが、マルメロはペルシャトルキスタンが原産。
 このような二つの植物の区別の模範解答は成程と思うのだが、素人の私には個々のマルメロとカリンの識別は厄介で、一人ではほぼ無理というもの。果実は黄色で似ていて、芳香があり、砂糖漬けや焼酎漬けにすると言われると、瞬時に見分けることなどとてもできそうにない。画像を見比べて、いずれがカリンかマルメロか、あなたは識別できるだろうか。

f:id:huukyou:20171021070559j:plain

f:id:huukyou:20171021070651j:plain

f:id:huukyou:20171021070709j:plain

f:id:huukyou:20171021070727j:plain

 ところで、二つの生物個体の区別がいつでも可能かと言うと、これが意外に厄介。死んでしまったら、識別はとても厄介になるし、生まれる前は尚更わからない。私たちが生物個体の区別、識別と言っているのは、かつては実は生きている間の生物個体の区別、識別に過ぎなかった。というのも、生まれる前も、死んだ後も、私たちが識別する必要はなく、そもそも個体ではないと決めつけていたからである。だが、今は違って、胎児や死体の鑑定技術が進み、個体概念が生きている間だけではなくなり、僅かだが拡張されたと言えるのではないか。
 さらに、マルメロとカリンの生物学的な区別とその具体的な識別は生活世界では随分と違っている。二つの区別が何かは図書館に行って調べればわかることだが、マルメロとカリンを識別するには眼で見て手で触って、見分けなければならない。私が自信をもてないのはこの見分けなのである。