マルメロとカリン(改訂版)

  いずれの名前もエキゾティックな響きを持つのだが、二つを識別できるかと問われると、困ってしまう。そこで、模範解答を探すと、多分次のようになるのだろう。

 マルメロの花は、やや紅を差すが、ほとんど白色。カリンの花は濃紅色。マルメロの果実は洋梨形、カリンの実はずん胴で、枕形。マルメロには、白毛がびっしりついているが、カリンの果実は無毛。カリンの葉には明瞭な鋸歯があるが、マルメロの葉にはない。カリンの原産地は中国北部だが、マルメロはペルシャトルキスタンが原産。これでマルメロとカリンが違うことは明々白々。

 このような区別の模範解答は成程と思うのだが、素人の私には個々のマルメロとカリンの識別はそれでも厄介で、一人ではほぼ無理というもの。果実は黄色でよく似ていて、芳香があり、砂糖漬けや焼酎漬けにすると言われると、瞬時に見分けることなどとてもできそうにない。それぞれの画像を見るだけで、いずれがカリンかマルメロか、あなたは識別できるだろうか。私など二つを並べて見比べても自信がない。

 ところで、二つの生物個体の区別がいつでも可能かと言うと、これが意外に厄介。死んでしまったら、識別はほとんど無理だし、生まれる前は尚更わからない。私たちが生物個体の区別、識別と言っているのは、かつては生きている間の生物個体の区別、識別に過ぎなかった。というのも、生まれる前も、死んだ後も、私たちが識別する必要などなく、そもそも個体ではないと決めつけていたからである。だが、今は違って、胎児や死体の鑑定技術が進み、個体概念が生きている間だけではなくなり、僅かだが拡張されたのは確かである。

 さらに、マルメロとカリンの生物学的な区別とその具体的な識別は違っている。二つの区別が何かは図書館に行って調べればわかることだが、マルメロとカリンを識別するには眼で見て手で触って、見分けなければならない。私が自信をもてないのはこの見分けなのである。それは私だけではないようである。

 信州ではマルメロもカリンと呼ばれ、カリンそのものは本カリンと呼んで一応区別する。現在信州では二つの呼び名が一つになっている。つまり、信州ではマルメロもカリンもカリンなのだが、既述の如くマルメロとカリンは別の果物。これは生物学的な区別と生活世界での識別の違いの具体例であり、二つが異なる理屈を知ることと、二つを実際に識別し、見分けることが違っていることを見事に示している。

 「マルメロ」と「カリン」は花も果実も似ているため、見分けようとすると混同が起きる。どちらの果実も生では食べられず、大変香りが良く、「香りを楽しむ果物」として活用されている。識別は厄介でも、二つが植物として異なる理由ははっきりしていて、人との関わりでも異なる歴史を持っている。マルメロは日本植物学年表によれば寛永11年(1634年)に長崎に渡来している。一方のカリンは、バラ科カリン属(またはボケ属)で、原産地は中国。日本への渡来時期は不明だが、マルメロより古い時代に伝わったと言われている。