自然の変化と心

 人は変化を求める。人は退屈するのが嫌いなのだ。だが、単純な運動変化には誰も心を動かされない。
 しかし、物理的な変化でも複雑な気象変化となれば、私たちの心を動かすのだ。晴れれば、心は軽やかに、雨になれば、心は陰鬱になる。天気と心はつながっている。
 心情の変化を引き起こすのは自然の何なのか。自然のもつ力なのか、自然のもつ美しさなのか。確かに力も美しさも私たちの心を突き動かす。
 好天が続けば雨を求めるくせに、これだけ雨が続くと、晴れてほしいと願う。自然に対し、人はいつも自分勝手に何かを願って暮らしているようだ。

f:id:huukyou:20171022052040j:plain

f:id:huukyou:20171022052059j:plain

f:id:huukyou:20171022052114j:plain