秋の空と選挙

 「男心と秋の空」、「男の心と川の瀬は一夜に変わる」といった格言の「男」を「女」に代えても成り立つためか、今では「女」もよく使われ、「女心と秋の空」と言う訳である。「わからぬは夏の日和と人心」とあるように、男心でも女心でも、状況に応じてよく変わるのが当たり前であり、そもそも人の心は夏でも秋でも季節に頓着せず変わるもの。ここで哲学すれば、人の心はそれぞれの人が変えるものだが、秋の空や夏の日和は変わるものである。格言などいい加減で、人心も空も同じように変わるものだと勝手に推量したようである。
 兎に角、そんな心変わりを売りにするのが人。だから、人が選挙で誰を選ぶかなど誰にも予測できない。その筈なのだが、昨今の選挙は予測の精度が上がり、開票前にある程度はわかってしまい、開票時の緊張感が乏しくなってしまった。大袈裟に意思決定などと呼ばれる人の心変わりは、それまでの信念を変更することによって起こる。その信念変更は情報操作によって引き起こされる。情報操作が働くカラクリはおよそ次のようである。
 「流行、雰囲気、状況、文脈」と呼ばれてきたものについての情報が仮説になり、それが「風が吹く、潮目が変わる」と言った変化の兆候を目印にして、その仮説を採用した人たちの信念が変わっていく。一方、この仮説を認めない人たちは、兆候など無視してそれまでの信念を変えない。適度に論理的で、理屈を中心にする、適度に情緒的で、感情が中心に置かれる、このような異なる心的状況の中で信念が変わる、変わらないが決まっていく。
 このように人の心は変えることができ、実際人の心は変わる。その変化は時には驚嘆、感嘆すべきものだが、時には落胆を引き起こす。人は自分で決めることに異議を申し立てないが、人が決めることに従うことには抵抗する。そして、人に自分の未来を決められることは激しく拒絶する。だから、誰も他人の心の内には踏み込めないと思われてきた。そして、他人にわかることは決まった結果だけだと思われてきた。
 「変える、変わる」と「決める、決まる」の間の関係はよく似ている。政治家は有権者の心を掴み、その考えを変えようとする。だが、変えることができるのは政治家ではなく、一人一人の有権者。政治家にわかるのは決まった結果だけ、つまり選挙結果だけなのだ。「変える」と「変わる」の間を、「決める」と「決まる」の典型的な手段である選挙を通じてどのように結びつけるか、今のところ政治家だけでなく、誰もが蓋然的にしか知らない。それでも、政治家は自分が人の考えを変えることができると確信して活動している。
 ところで、「他山の石」は『詩経-小雅・鶴鳴』の「他山の石、以て玉を攻むべし」の省略形。「よその山の粗悪な石でも砥石に利用すれば、自分の玉を磨くことができる」という意味で、他人の誤りを自分に役立てること。変える、変わるときに人は誤る。だが、変わる前に誤りはなく、変わった後にしか誤りは現れない。誤りがわかったところで、他山の石とするしかない。何とも情けない話だが、一寸先は闇であり、人のミスさえ利用しなければならないのが私たちの行為なのである。
 「変える、変わる」(「決める、決まる」)と「誤らせる、誤る」とは違うのだが、それぞれどのように違うのかは次第に見当がつき出している。認知科学は侮れないが、まだ謎は多く、それを適当に斟酌しながら、按排しながら生きているのが今の私たち。だから、私たちは選挙結果に一喜一憂しながら、それら結果を他山の石にするしかないのである。