「孫と濃密な時間を過ごそう。孫と楽しみ、孫と学ぼう。」

 音楽会へ孫と二人でこっそり行こう。ブラームスシューベルトを聴いたのなら、どこかで美味しいケーキを食べながら、「交響曲3番」や「死と乙女」について熱く語ろう。
 隠れて寺に行くのもいい。そして、運慶を一緒に見よう。その見事な像を二人で味わい、感動を分かち合おう。「阿修羅」に魅了されて、二人で青春を語るのもいい。

f:id:huukyou:20171113054021j:plain

f:id:huukyou:20171113054044j:plain

 異教徒でも構わない、ミケランジェロの「ピエタ」に酔いしれよう。システナ礼拝堂やダビデ像を二人で見て、石の変身を目の当たりにするのもいいだろう。

f:id:huukyou:20171113054120j:plain

 休日には二人で古い映画館で古い映画を観よう。「ひまわり」でも「禁じられた遊び」でもいい。素晴らしい画面と音楽を堪能し、戦争を感じ、戦争を議論してもよいだろう。
 自分の世界のほんの一部を孫と共有しよう。孫と共に人が残したものを感じ、楽しみ、悲しみ、そして生きることを共有しよう。孫を人間らしい人間にしたいものだなどと思うのもいいし、そんなことを思わないのもまた自由だ。
 孫と二人の私的で濃密な時間は孫の親には黙っていよう。そのくらいの秘密は爺さんも婆さんももてるというもので、誰も文句はあるまい。