辰巳芸者考(1)

 元禄年間に、歌がうまい菊弥が深川の宴席で歌ったことが始まりと言われている。吉原芸者は官許で、客と遊女の取り持ちをするだけだったが、町芸者たちはもっと積極的だった。吉原芸者は芸専門で吉原の外に出ることはなかったが、深川の辰巳芸者は、色と芸の二枚看板。そして、その他の町芸者も深川と似ていた。
 辰巳芸者の芸名は男性の名前が多い。江戸幕府奴隷制と婦女子の人身売買を厳しく取り締まっていたため、遊郭ではその法律の抜け道的な方法として養子扱いとしていたらしい。養子扱いであれば人身売買にはならないからである。書類上あえて男性の名前をつけて届けていたため、その名前がそのまま呼び名になったらしい。
 着物のお太鼓結びは、江戸時代後期、亀戸天神の太鼓橋の落成記念に、辰巳芸者が揃いのこの帯結びで、他の参拝客を驚かせたのが初めてと言われている。もともと帯はその目的からして紐状の細いものだったが、江戸時代中期から後期にかけて次第に広くなっていく。広くなれば当然、その織柄、染柄が競い合われることになり、そこから帯の造作が一目で分かるお太鼓結びが考案されたのだ。
 辰巳芸者は、江戸時代中期、羽織を付け、吾妻下駄を履き、男名を名乗り、遊女とは一線を画して、三味線と踊りの「羽織芸者」として江戸で大評判になる。しかし、幕府の締め付けも18世紀半ばには厳しくなり、「奢侈禁止」を理由に、「羽織」の着用が禁止される。羽織の代わりに帯が華美になっていき、ついには新しい帯結びが登場する。幕府の羽織禁止への意趣返しがお太鼓結びという訳である。

 私の祖母は元芸者。そのためか着こなしが周りの女性と違っていて、子供の目にもそれはすぐわかった。帯の結び方も粋で、和服は洋服と違って着こなし次第でまるで変わるものだと生意気にも感心したのを憶えている。頭頂部に禿があり、髷を結っていたためにできたのだとよく言っていた。一方、祖母が洋服を着ていたという記憶は私にはなく、スカート姿の祖母は想像さえできない。だが、和服姿で囲炉裏端に座り、キセルで煙草を吸う姿ははっきり憶えている。その姿は何とも様になっていた。

 さて、辰巳芸者とは一体どんな人たちで、その服装や振舞いは本当のところどんなものだったのか。どうも上記のような記述は(自分で書いておきながら)信用できないのである。足袋をはかない素足は何も辰巳芸者に限ったことではない。という訳で、書かれているものより描かれているものを探してみようということになる。その最初が「深川の雪」。これは喜多川歌麿が晩年描いた肉筆の掛軸画。寸法は縦198.9㎝、横341.1㎝と浮世絵史上最大。深川の料理茶屋の二階座敷の辰巳芸者、支度をする女性たちに幼い男の子一人を含む総勢27名が描かれている。「品川の月」、「吉原の花」との三部作は正に「雪月花」。描かれている遊女たちの違いを比較すれば辰巳芸者の特徴がわかる筈と誰もが思うのだが、これが意外に厄介なのである。

f:id:huukyou:20171115055542j:plain

喜多川歌麿「深川の雪」)

f:id:huukyou:20171115055621j:plain

       (鏑木清方「築地明石町」)

f:id:huukyou:20171115055707j:plain

 そこで、まずは参考に鏑木清方の「築地明石町」を見てみよう。半襟がないのに紋付の長羽織を着て、足は素足に下駄、右下には朝顔が描かれている。漱石の『吾輩は猫である』に「素袷や素足は意気なものださうだが」という一節があり、かつて「素袷(肌着なしに直に袷(あわせ)を着ること)」と「素足」は普通の女姿だったようである。袷は初夏や初秋に着る着物だったようで、紋付の長羽織や描かれている朝顔から、季節は10月初め頃。清方が残した文章によれば、作品の場所は佃島
「…築地明石町は、少年にして初めて触れたる異国情調の豊かなりし思い出の忘れがたく、あの白々とした海近い街路は、行人稀なれば埃もなく、カントリー・ハウスをめぐる、柳、ポプラ、夏は紫陽花、立葵の咲く庭に籐椅子据えて、金髪の麗人の書を読むが、浅黄色のペンキやや古びたる柵を越して窺われ、海に沿うたるメトロポール・ホテルには常に観光の客絶ゆることなく、入江に繋がる帆船のマスト林立して…」
 左手の薬指の指輪や紋付の羽織からして、素袷に無造作に羽織った羽織、素足に下駄でも、粋筋の女性ではないところが、この作品の大きな魅力と評されてきた。