コピーこそ生き物の生き物たる所以

 例えば、梅擬き(ウメモドキ)、春擬きの「擬き」は動詞「もど(擬)く」の連用形。主役にからんだり、滑稽なことを真似たりすることが擬きである。能の「翁」に対する「三番叟」がその一例。名詞の下に「擬き」をつけて、その名詞の指示対象に匹敵するほどのもの、また、それに似て非なるものが「…擬き」である。今様に「擬き」を表現しようと探せば、実にたくさんの語彙が流通している。コピー、偽物、捏造、パクリ、贋作、複製等々…尽せないほどの擬き表現が散乱している。擬きが古臭い印象を与えるのに対し、「真似る」はごく普通に使われ、物真似は何人もの名手がいるほどである。
 ウメモドキは本州から九州にかけた山間の湿地に見られる落葉低木。晩秋にできる実が美しく、庭木としてもよく使われる。さて、名の由来だが、実を紅梅に見たてたという説と、葉がウメに似ているためという説がある。いずれにしろ、似ているという意味での健全な擬きなのだが、いずれであれウメそっくりではない。一方、ハナズオウは中国原産(1695年に渡来)で、葉が出てくる前にピンク色の小さい蝶形の花がたくさんかたまって咲く。ウメやサクラに似て、木全体が花で埋まって見事な眺めになる。ハナズオウは遠目には「紅梅擬き」と言ってもいいほどに紅梅によく似ているが、名前は「梅擬き」ではない(画像は花蘇芳、寒緋桜、紅梅で、互いに生物種としては無関係だが、いずれも同じようによく似て見える)。

f:id:huukyou:20180319082212j:plain

(寒緋桜)

f:id:huukyou:20180319082246j:plain

(花蘇芳)

f:id:huukyou:20180319082329j:plain

(紅梅)

 ここまでが普通の擬きだが、少し想像力にスイッチを入れてみよう。人間擬きとなれば、かつてはタヌキやキツネの独壇場で、よく人に化けたようである。幽霊も怨霊も人間擬きなら、今流行りのロボットAIも人間擬き、あるいは人間の代用品である。
 これまでの例はみな本物があり、その代用品が擬きとして捉えられている。本物の代用品であることを巧みに利用してきた絶好の例が動物の「擬態」である。擬態の多くは実に見事なもので、物真似、偽物、代用などと片づけるには惜しい自然の傑作、名品が生物界に溢れている。
 では、人間は何の代用になれるのか。人間はいつも主人であるべきというプライドの高い立場からは、他の生物の代用品にはなれない。だが、ある人間が他の人間の代用品になることはしばしばあった。替玉、補欠、代理人、影武者等々。AIはこれから暫くの間は人間自身も含めて、人間に関わるあらゆるものの代用品として「…擬き」の役割を演じるだろう。21世紀の最高の役者はAIだと言いても構わないのかも知れない。AIは万能の擬きになれそうである。

 ここまでは人間社会の中での擬きが中心の話だった。擬態も人間的な解釈が色濃く反映されたもので、自然選択のストーリーの一つである。ここからは基本的なレベルからコピー、擬き、真似を見直してみよう。
 最も根本的な擬きとなれば、DNAの複製による世代交代である。遺伝情報のコピーによって子孫がつくられていく過程は擬きの系列的な作成過程である。私たちは祖先のコピーであり、祖先擬きなのである。私は父母の半分擬きである。「擬くこと」が生命をもつものの自己保存の方法であり、それが現在までのところうまく推移してきた。生き物から真似る、擬くことを取り去ったなら、絶滅しか残されていない。生き物にとっては擬くことが持続する方法なのである。
 正確にコピーすること、複製をつくることが不可欠なのだが、それでも時々エラーが起こる。多くの場合、エラーが起これば、子孫をつくれず、その結果絶滅しかないのだが、稀にそのエラーが有利に働く場合がある。これが「突然変異」と呼ばれて、それによって新しい情報が生き物集団に生まれ、新しい適応の可能性が出てくる。
 真似たり、コピーしたり、複製をつくったりしながら、それがうまく行かないと、時にはその失敗が後の成功につながるのである。これこそ瓢箪から駒。これが生物進化の本質の一つであることを考えると、擬きは創造性に欠ける真似事では決してなく、本当に有用な工夫なのである。「コピーこそが生き物の命」であり、生き物が物質と異なる肝心な点はコピーにある。素粒子や原子からなる物質は、それらが安定して持続するという仕方で存在することに依存しているが、生き物は遺伝子によるコピーを繰り返すことによって、物資レベルの形態や機能の不安定さを補っているのである。ずっと安定的に同じであることを持続するか、コピーを正確に繰り返して更新することによって持続するかの違いがここに見られる。この違いは現象的には実に大きいが、持続するという目標としては同じである。ここで注目したいことがある。それは、コピーの反復は物質の反復ではなく、情報の反復であることである(後述参照)。真似る、コピーするのは物質ではなく、情報なのである。物質概念に情報概念を加えることによって、複製やコピーが意味をもつようになり、、語ることができるようになる。そして、それを司るのが遺伝子ということになる。分子遺伝学は情報概念なしには成り立たない。つまり、生命科学は物質だけでなく、情報を基本概念にしているのである。
 さらに、この生物進化の仕組みに似ているのが文化進化。この遺伝情報モデルは生命レベルだけでなく、文化レベルにまで拡張される。どこが生物進化に似ているかと言えば、伝統、文化、習慣が教育によってコピーされていく点である。遺伝子ではなく、言葉を使った教育によって過去の事柄が記録され、それらが情報としてコピーされ、伝えられていく。情報の保存と伝達の仕組みは違っても、コピーをつくるという点では「生物進化擬き」が文化進化なのである。文化レベルでの文化情報の持続となれば、遺伝子ではなくミームに担われていて、具体的には教育である。教育は正に文化レベルの情報を伝えることである。人は成長しながら「人になっていく」のだが、それを支えるのが教育であり、模倣、コピーが教育の中心にある。人は模倣する、コピーすることによって知識を学んでいくのである。

 こうして、生物、伝統、文化、習慣はいずれも擬きによって保存され、進化していくことになる。結局、進化とはとても保守的で、真似ることの反復の中でエラーが起こることを利用しての変化であることに案る。真似ることの失敗が進化につながることは、文化や習慣の場合であれば成程と納得できることである。
 コピーが生き物の本質となると、創造性や新奇性はコピーのエラーだということになる。集団内の変異はコピーが複数種類あることを意味するのだが、それが存在できるのはエラーによってである。では、本物がコピーであり、そのコピーのエラーが偽物となるのだろうか。私たちの社会での本物とは偽物が登場して初めて出てくるのが本物。また、コピーされてこその本物である。真似ることから成り立つ生き物の進化系列はついにヒトに至り、無意識的に真似る、意識的に真似ることがさらに続くことになる。

<物質、情報、知識>
 これまでの話から、物質、情報、知識の間の関係を見直すことができる。持続のための主要な三つの様式が、物質、情報、知識である。情報は生き物の、知識は人間の持続のための様式である。不変性に頼る物質では生き物の持続を支えることができない。複数の要素から合成されたものは壊れるという運命をもち、それを克服して持続するためには物質とは異なる新機軸が必要で、それが遺伝子による複製だった。生き物は同じものをコピーすることによって維持するという手段をとったのである。何が複製されるか、コピーされるかと言えば、それが情報である。さらに、文化レベルになると、知識がコピーされることになるが、それは教育によって実行される。

 これまでが擬きの現象学と進化論。私たちがそれらと並んで気にするのは擬きの倫理学。擬きや真似の良し悪しはいつも社会で問題になる。「コピー」は中立的でも、「偽物、捏造、パクリ、贋作」は明らかに悪しき語彙である。自らの存在がコピーでありながら、自らがコピーを生み出すことの中に良し悪しがあることは何を意味しているのか。良いコピーと悪いコピーの違いは一体何なのか。生物進化におけるコピーの評価は結果による評価であり、終わりよければすべて良しでよいのだが、人間の場合になると結果待ちではなく、事前に良し悪しの判定がほしくなる。そこで生まれたのがコピーに関する倫理なのである。