カリンとマルメロ

 二つともバラ科の植物で、識者はまるで違うと言うのだが、私にはうまく見分けがつかない。双子のような感じをいつも持ってしまう。だが、マルメロの花は、やや紅を差すが、ほとんど白色。カリンの花は濃紅色。マルメロの果実は洋梨形、カリンの果実はずん胴で、枕形。マルメロには、白毛がびっしりついているが、カリンの果実は無毛。カリンの葉には明瞭な鋸歯があるが、マルメロの葉にはない。このような描写の記述を読むと、何とも見事な観察眼と舌を巻くしかない。
 春は共に同じ頃に花が咲き、ぼんやりした私にはその花がよく似て見えるのである(画像参照)。しかも、名前までエキゾティックで、果実酒の原料として同じように使われてきたとなると、それぞれの酒の味で区別するしかなさそうである。

f:id:huukyou:20180408034055j:plain

(カリン)

f:id:huukyou:20180408034143j:plain

(カリン)

f:id:huukyou:20180408034213j:plain

(マルメロ)

f:id:huukyou:20180408034232j:plain

(マルメロ)